〇スキルとは?

スキルとは、勉強や訓練を通して獲得する力のことです。
語学力、PC技術、各専門分野に関する知識理解はもちろん、自己管理能力やプレゼンテーション力もスキルの一部になります。

これらのスキルは、生まれ持った才能に依存しているのではなく、               今後の努力次第でいくらでも身に付けることができます。

スキルの習得方法は、習得したいスキルの種類によってさまざまです。
それぞれに合った勉強をしましょう。

そうはいっても、勉強やトレーニングを継続するのはとても難しく根気のいるものです。
ここでは、取り組みを少しでも楽にするためのテクニックをお伝えします。

〇スキル習得のテクニック:習慣化

コツコツ努力を継続しスキルを獲得するには、日々の生活習慣の中に勉強やトレーニングを入れてしまうのが近道です。
朝起きて顔を洗ったり、帰宅後に手を洗ったりするのに、特別なエネルギーは必要ありませんよね?
同じように、勉強やトレーニングに取り組むのが当たり前になるよう、習慣化してしまおうという話です。

ロンドン大学とビクトリア大学での研究によると、習慣化するためには週に4日以上を2か月以上続けることが必要とのこと。

ですので、まずは「週4日以上を2か月継続」を目標にスタートしましょう。習慣化するために必要だと感じる、4つのポイントについて解説します。

なるべく朝に取り組む

勉強やトレーニングは、朝に取り組むのがおすすめです。
朝をおすすめする一番の理由は「邪魔をするものが少ない」から。
仕事終わりにやうとすると「今日は残業があったから…」
学校終わりにやろうとすると「友だちとご飯に行くから…」
他にも、観たいテレビがあったり、疲れがあったりして、やらない理由が生まれてしまいがちです。

朝起きてすぐはこういった誘惑が少なく、スムーズに取り組みやすいはず。
また、朝は脳が元気な時間のため勉強の効率がよくなったり、朝に運動するとその日1日のパフォーマンスが上がったりする効果も期待できます。

実現可能な目標を設定する

スキルを習得するために重要なのが「習慣化」すること。
そのため、取り組み続けられる内容にすることがポイントです。
大きすぎる目標は挫折の原因にもなりますし、取り組み始めるまでのハードルが高くなってしまいます。
自分の今のレベルや生活習慣等を冷静に把握し、確実にクリアできる目標を立てましょう。
とはいえ、低すぎる目標では達成感が得られないので、ちょうどよい目標を立てることが大切です。

③なぜ必要なのかを明確にする

例えば「とりあえず英語を勉強する人」と「英語圏の女性を口説きたいから英語を勉強する人」、どちらがより熱意をもって取り組めるでしょうか?
「とりあえず筋トレする人」と「試合に出るために筋トレをする人」、どちらがより前向きに取り組めるでしょうか?

おそらく、どちらも後者でしょう。

どんなに気合いを入れてスタートしても、やる気が落ちてきたりくじけそうになったりするタイミングは来ます。
そこを乗り越えるために必要なのが、明確な目的です。
努力の理由をしっかり持つことによって、奮起できたり、力が湧いてきたりすると思います。また、得ようとしているスキルが自分にとって本当に必要かどうかも、最初にしっかり考えてください。

目的を持ってスキル獲得を目指しましょう。

④成功を強烈にイメージする

例えば筋トレをするときに、目標とする体型をイメージするのとしないのとでは結果に大きな差が出てくるといわれています。
勉強も同じで、成功した自分はどんな姿になっているかを具体的にイメージすることがポイントです。
トレーニングによって得る体型、獲得したスキルを使っている様、それらによって変わる生活を、強烈にイメージして取り組んでください。

成功をイメージすることで、取り組む意欲がより湧いてくるはずです。

スキル習得のテクニック:仕組み化

スキル習得のため、習慣化の次におすすめしたいテクニックが、仕組み化です。
仕組み化とは、勉強やトレーニングを、普段の習慣や生活に組み合わせて取り組む方法。

継続して取り組むにあたって、毎日「よし!!今日もがんばるぞ!」と気合いを入れて取り組むのは、かなりのエネルギーが必要だと思いませんか?
仕組み化ができると、逐一気合いを入れることなく「仕方なく取り組んでしまう」状況を作り出せます。

例えば、ダイエットをする場合、通勤の定期券の範囲を会社の一つ手前の駅までにする。
英語を勉強する場合、スマホの設定言語を英語にする。
こうして「歩かざるを得ない」「英語を目にせざるを得ない」環境を作ります。
多少無理にでもやらなければならない環境があれば、自分のやる気に依存せずに継続できる可能性が高まります。

ここまでの取り組みはちょっと…と思う人は、
・トイレの壁に記憶したいものを貼っておく。
・スマホの待ち受け画像を理想体型のモデルの写真にする。
などの方法も有効です。
とにかく、やり始めるまでのハードルを下げておくことが大切だと思います。

〇スキル習得のテクニック:視覚化

最後に、視覚化によってスキル習得を促すテクニックについてです。
視覚化とは、トレーニングや勉強などの成果を視覚的に分かるようにする方法。

自分の成長というものは、なかなか目に見えにくいものです。
そこでおすすめしたいのが「目標達成シート」の活用。
毎日の取り組みによって経験値がたまり、レベルが上がっていくイメージを視覚化します。

まず経験値項目を設定します。
・勉強30分→経験値5
・本読み5ページ→経験値5
・筋トレ1時間→経験値10
などに設定しておいて、クリアしたら塗りつぶしていきます。
必要な経験値がたまればレベルが上がり、今自分が何レベルかが分かる仕組みです。

目標達成シートの良い点には、経験値を視覚化することにより自分の実績が見える点、塗りつぶしてレベルを上げていく達成感が味わえる点などがあります。

〇求めるスキルを習得して、なりたい自分になろう

スキルアップトレーニングについて、取り組みを継続するためのテクニックを中心にお伝えしました。
計画だけで終わらせない、挫折で終わらせないために、このテクニックを意識してください。

corenoahでは、個別の目標やペースに合わせたスキルアップのお手伝いをさせていただきます。
目標の設定や内容、達成計画の立て方などに不安のある方は、ぜひ一度ご相談ください。

スキルを獲得するために様々な工夫をして、必要なスキルをたくさん手に入れていきましょう!!